朝活@富山「ラフターヨガは世界を救うか?」

投稿日:


今朝は朝活@富山でした。

これまでの人生で朝から一番笑った日になったのではないでしょうか。

進行役は、奥村さん。

金沢市出身でマルモ機工代表で、「ゆるゆる昼活」など、
多くコミュニティに関わり、地域を元気にする活動をされています。

そんな、奥村さんが今回進行役として選んだテーマは・・・

「ラフターヨガは世界を救うか?」

最近、ヨガ仕事にされる方が知人が増えてきました

わたしの知り合いで、ヨガ、ホットヨガ、瞑想ヨガ、アクロヨガ、笑いヨガなどを
一般的な種類のヨガをされている方はいらっしゃいますが、
今回のラフターヨガは始めて聞く種類でした。

序盤の説明でラフターヨガは、笑いヨガと本質的には同じということが分かりました。

まずは、基本的動きを練習。

軽快なリズムで手を叩いたり、
「やったーやったー、わーいわーい」

という様な感じでとにかく笑うことを意識する動きです。

何も知らない人が、傍目から見たら、さぞや怪しい集団だったでしょう。

そして、基本練習した笑いの動きを所々に挟みながら、

ストーリーに沿って様々な笑いを行っていきます。

例えば、

①電話中に相手が面白いことを言っているイメージで笑う。
そしてその電話を他社へ渡して、その人も笑う。

②逆に電話中に相手が腹ただしいことを言っているイメージをして起こりながら笑う。

③飛行機で空を飛んでいるイメージで笑う。

④みんなで手を繋いで笑う。
など

各パートの間に「やったーやったー、わーいわーい」
という動きを入れる感じです。

よく、一人で鏡の前で笑顔の体操はしますが、
これだけ腹のそこから笑うという練習はなかなか一人では出来ないでしょう。

みんなでやるからこそできる笑顔のトレーニングといった感じでした。

何だか、朝から血行が良くなり、モチベーションがアップ。

楽しい気持ちで一日をスタートさせることができました!

このインストラクターの資格いつか取得して高齢者施設や、障がい者向け
運動教室等で活用してみたいスキルです。

Follow me!