起きたら行動する朝型人間になることが必要です。

投稿日:

今年に入り、夜型人間から朝型人間へ変えたいと思い、
朝早くに起きることを意識しています。
サラリーマンで営業だった時は、勤務が終わり、
主に夜間に家族や友人と交流を図れていました。

カレー屋を起業するようになり、
10時から24時まで安易に予定を入れられなくなりました。

最初の1年、前職の経験から、様々な交流会は夜がメインで、
お酒が交流をより深められて、先輩などからも教えを頂けると
思い込んでいました。

そして、夜の誘いに対応できるように余計に夜のシフトに
スタッフへお願いして、私は極力身軽な状況を作っていました。

そうすると今になれば当たり前なのですが…

①過度に人件費が生じる。
②スタッフを多く雇わなければならない。
③飲み代が過剰に必要になる。
④不健康になる。

など、悪い方向へ突き進んでいきました。

前職であれば、夜は空いていたので問題無かったのですが、
全ては『過信』が原因でした。

そして、2年目から水曜朝活により、
週1回だけ強制的に朝早く起きる状況になりました。

夜の帰宅が遅いのに、朝早く起きることに対して後ろ向きだったのですが、
始めて3ヶ月位で、私の今のワークスタイルだと、
仕事が始まる10時までをいかに充実させるかが、
大事であるということに気づき始めました。

夜でないと、良き出会いや交流がないと思い込んでいましたが、
それも誤解で朝は朝で素晴らしい時間を過ごせることに気づきました。

そして、夜に比べて、お金もさほどかからず、健康的です。

もちろん、呑ミニケーションも時には大切ですし、私自身ビールが大好きです。

ただ、私のワークスタイルの場合、頻繁だと負担がかかります。

なので、無理がない程度に極力大切なものに絞りこむことにしました。

逆に、朝は活動量を増やしたいと考えましたが、
当初は朝早く起きても、何もすることがないと2度寝してしまう日々でした。

そして大事なのは早起きではなく、目的を見つけて、
起きたら行動する『朝起き』が朝型人間になることが必要であると気づきました。

朝活のように、必ずそこへ行かないとならない状態を
極力毎日作ることが出来れば朝型人間になれる、
そう思い下記の様なライフスタイルにしました。

①毎日、23時半までに帰宅
②24時までに就寝
③土、日、月、火曜日は妻の出勤似合わせて6時から朝ごはんを一緒に食べる。
④朝活@ゴールドカレー
⑤富山市倫理法人会
⑥金活

家族との交流を週4
他者との交流を週3
と妻と過ごす時間に重きを起きつつ
自分の成長に繋がる行動をする事にしました。
既に1ヶ月経過しましたが、少しずつ、このライフサイクルに馴染んできて、
自然と早朝に起きれるようになってきました。

この朝が寒い時期を乗り切れば、これが普通になると思います。

16652049_762031770614427_1058053916_n

Follow me!