富山市倫理法人会の経営者モーニングセミナーに参加しました。

今朝は富山市倫理法人会の経営者モーニングセミナーに参加しました。

本会は経営者自ら倫理を学び会社へ生かすことを目的としています。

今年から入会して、いきなり運営委員という役員を任せて頂いています。
朝と夜のセミナーがあるのですが、私は夜はお店があるので出席できませんが、
逆に朝は余裕があるので毎回参加しています。

大抵は主に経営者(従業員の場合もある)がゲストに呼ばれて前で倫理的な
エピソードを含めて講話をされて、そこから参加者は学び自らの仕事に反映させます。

しかし今回は「会員スピーチ」と題して、会員が日々倫理法人会で学んでいることを実際に
仕事へ反映させた実践結果を報告するという内容でした。

本会は入会しなくても、講話を聞くことができるのです。
入会していない去年はこの「会員スピーチ」が何かよく分からず、
魅力が分からず、このテーマの時には参加していませんでした。

そして、入会して日々倫理を通して仕事に落とし込もうと意識しながら、
今朝の「会員スピーチ」に参加したのですが、
このスピーチの重要性を理解することができました。
私たち役員は毎週木曜日に5時から来場者のために設営や挨拶確認、
リハーサルなどを毎回行っています。

そして来場者へおもてなしをして気持ちよく沢山のことを学んでほしいという思いです。
この、早朝から準備、セミナー、朝食会を毎週繰り返すことで、
役員はもっと深い学びをさせて頂いてます。

ただ、そこでの学びが、そのときだけになってしまっては、
正直意味があまりなく、仕事や生活に生かしてこそ、意味があります。

ただ、その意識を自分の心の中だけで留めておくと、
私の場合どうしても甘えがでたりして、
仕事や生活に生かすべきと分かっているのにできていないという事もあります。

「会員スピーチ」はこの機会にスピーチすると決める、
更に今後の抱負を皆の前で言うことで自分に良いプレッシャーをかけることができます。

そして、他の参加者もその発言を聞いて自分も引き締めないといけないと思い更に精進します。

この様に皆の前で自分の考え方や取り組みを反省点などを発言する機会が多いほど、
口だけやただセミナーを聞いて終るのではなく、

「アウトプットできる、有言実行的な人材」

になりやすいのでは無いでしょうか。

Follow me!