「受動喫煙防止法」について

最近、飲食業界で波紋を呼んでいる受動喫煙防止法。
とある民間調査機関の富士経済の調査では外食産業に与える影響は

「飲食店などの屋内の全面禁煙や罰則が実際に施行された場合、
外食市場での売り上げに8401億円のマイナスの影響が及ぶとした。
特に飲食しながら喫煙するスタイルが定着している
「居酒屋、バー、スナック」への影響が6554億円と最も大きかった。」

とのこと。

受動喫煙防止法案、外食産業に8400億円の打撃 民間調査の記事

私のお店は周囲の同類の飲食店が禁煙なのと、
私自身があまりタバコが好きではないので禁煙です。

とは言っても、当店の常連様で愛煙家の方も少なくはなく、
始めは小さな灰皿を屋外に置いていました。
ただ、屋内から寒そうに灰皿を持っている姿を見て申し訳ない気持ちになってました。

そして、少し豪華な金色の直立式灰皿を設置しました。
持たなくてもよくもなり、見た目にも少しは改善されましたが、
立たせてしまっていることに少し罪悪感があり、
いつかベンチを作りたいなと思っていました。

そういったお話を常連さんの石崎さんにしましたところ、
なんと、当店にあった木材を持って帰り、約1時間でベンチを作ってくれたのです。

石崎さんは魚津の石崎家具店で働いており、大工仕事が得意とのこと。

これで愛煙家の常連様も腰を落ち着けて喫煙できます。

更に居心地アップです。

受動喫煙防止法はまだ細かい内容は決まっていませんが、注意していきたいと思います。

ちなみに石崎さんは彼女募集中です。

Follow me!