里帰り出産のため帰郷している妻に、会いに行きました。

月曜日はスタッフにお任せして、
小松市に里帰り出産のため帰郷している妻に、会いに行きました。

今月から介護分野理解のために始めた介護施設での、
夜勤明けでしたので少し眠かったです。

高速道路のPAで頻繁に仮眠を摂りながら、
富山市から小松市までの運転時間およそ2時間を頑張りました。

妻が里帰りをして既に2週間を超えて、
妻の存在の大きさをひしひし感じでいます。

妻のことが心配で、心配で、お腹の赤ちゃんも元気か気になって、
毎日電話をしていますが、やっぱり会いたい。

胸を高ぶらせ、向かいました。

妻には到着するまで言っていませんでしたが実はもう一つ目的がありました。

それは「妻と二人で桜を見たい」でした。

毎年年に1度はお花見に言っており、子供が今月生まれたら
今年はしばらくバタバタして落ち着いて見られないと思いました。

妻の実家の近くにはお寺があり、そこにはとても綺麗な桜が咲いています。

八分から満開といった感じの咲き具合。
私はベンチに座り、あえて妻に膝の上に座ってもらいました。

妻の体重にお腹の中にいる子供の体重が加わり、当然重かったです。
その重さはこれから私が二人を守っていく責任の重さでもあると捉えて、
今日からもっと頑張ろうという気持ちになりました。

何気ないことだけど今年も妻と桜を見れてよかった。

Follow me!