2017年4月23日、第一子が誕生しました。

4月23日(日)16時44分に第一子が誕生しました。

元気な女の子です。 体重は3096グラム、
身長48センチと大きくもなく、小さくもない大きさ。

4月22日(土)の営業中22時位に陣痛が始まったという連絡を受けて、
23時閉店後に高速にて妻の故郷小松にある恵愛病院まで直行。
妻のお姉さんが陣痛開始後2時間半で生まれたと聞いていたので、
立ち会えないかと思っていましたが…。

到着してから16時44分まで長丁場となりました。
妻は陣痛が始まり病院に到着してから約23時間つらい状況でした。
とても激痛の妻に対して私はただ背中を擦ったり、
汗を拭いたり、声をかけたり、歩くときに肩を貸すことしか出来ずといった感じでした。

そして陣痛室にて頭が少し出るまで待機して私も立ち会いで分娩室へ。
言葉では説明しきれないすごい経験でした。
そして無事に赤ちゃんの顔が出て順番に足まで出ました。
少しへその緒が巻き付いていましたが、問題なしでした。
本当に良かった。
生まれたあとに最初に名前を呼んだのは私でしたが、
触れるのは妻が一番最初が良いと思い、
妻が落ち着くまで、じーっと我が子を見ていました。

そして妻が赤ちゃんを抱っこしました。
その様子を見てこれから何がなんでも妻と我が子を守り抜くと決心しました。

その後、私が抱っこしました。正しい抱き方が分からず、
とても大事な命なのでとても緊張しながらの抱っこでした。

その後、妻のお母さんも抱っこしました。
娘が必死に新たな命を繋げたことにとても嬉しそうな様子でした。

その後、妻の父、私の母、祖母が見に来ました。

今まで妻と2人きりだったのが急にこの瞬間3人になりました。


この命は遠い先祖から祖父母、両親、私たちと繋がり、
そして私たちも次に繋げることができました。

私はこの子を元気に育ててまた新たな命を繋げていってくれるように願うばかりです。

そして祖父母や母に赤ちゃんの姿を見せられて良かったです。

出産立ち会いを通じて生まれたその時から父親としての強い覚悟を持ちました。

私自身、赤ちゃんから沢山のことを学び強くなります。

Follow me!