4月8日(土)は毎度の特別支援者水泳教室でした。

投稿日:

4月8日(土)は毎度の特別支援者水泳教室でした。

教室が開催される魚津のプールは桜が咲き始めており、
運動場のランナーの数も増えてきております。
水温も温かく出席者も13名とほぼ満員でした。

皆さん、症状が違い、成長度合も異なります。

以前までは泳ぎの上達の方が前の方になる様な順番で、
教室の開始から最後まで順番は変えずに指導を行っていました。

しかし、それだと、上達が早いひとが物足りない練習内容になってしまいます。

ということで前回から上達が早いひとは、
前のひとをどんどん抜かしていって良いという順番を固定させない方法に変えました。

案の定、当たり前ですが上達が早いひとは、
スタミナもスピードもあるので泳ぐ量が上がりました。

また上達が遅めの方も自分なりのペースで練習しても良いという形になった分、
後ろから追いかけてくる泳者のプレッシャーを気にしなくてよくなりました。

指導者としては、同じ順番で極力同じ練習メニューが教えやすいのですが、
従来でも各々メニューが違うのに更に追加して順番も変化するということになり、
より頭の柔軟性を求められる状況となりました。

児玉理事長を見習い、私自身も特別支援者指導のスキルや関り方を、
より上達させて成長していきます。

Follow me!