何か疑問が残る、少し怖かった朝

投稿日:

昨晩は閉店後に色々と作業があり、
お店に泊まりました。

忙しい時やお客様と一杯お付き合いする時に泊まることが多々あり、
布団を常備しています。

その時には裏口横にあるコアワーキングスペースで寝ます。

前の晩は外ベンチで涼んだあとに裏口からその部屋へ入りました。

特に変なひともいないであろうと無用心で、
裏口の鍵を開けたまま眠りに入ったのですが・・・。

早朝4時ころに物音が聞こえました。

コアワーキングスペースのドアを開けたら、
裏口とトイレ間の廊下に中肉中背髪の毛薄めのおじさんが!!!?

そして、堂々とトイレに入り数分経過して出て、
裏口の方へ何食わぬ顔で歩いていきました。

私の存在は明らかに気づいておられる様でしたが完全に無視。

確かに鍵を開けっぱなしにした俺も悪いけど、
開店していないお店の裏口へ勝手に入り、
トイレをして立ち去るのはおかしい!!!。

もしかしたら夢か??と私自身の意識を疑いましたが、
「すいません、どなたでしょうか?」と訪ねたら、
立ち止まられて、「ごめん、漏れそうだったから使わせてもらった」
とのこと・・・。

「ここへ公共のトイレではありませんので、
今後はお店をご利用されていないのであれば使用しないで下さい」
とお伝えしました。

「申し訳ありません、気をつけます」
と仰られて外へ出て行かれました。

おじさんが漏れなくて良かったなと思いながらも、
何か疑問が残る、少し怖い朝でした。

Follow me!