岩瀬曳山車祭が開催されました。

投稿日:

5月17、18日に岩瀬曳山車祭が開催されました。

私は岩瀬に実家があり、今も祖母と弟が住んでいます。

毎年、曳山祭りの日には2日間のうちどちらかは見物しに行っていました。

歴史が長く、重要な祭事であるので岩瀬で生まれ育った人たちは

その日には仕事は休日をもらい参加されている方も多いです。

岩瀬の曳山車は、富山県内の各地に見られる豪華絢爛で、
優雅な曳山車とは趣を異にし、頑丈に造られた山車本体の上に
「たてもん」とよばれる飾りを取り付けて、
勢いよく勇壮に曳き回されるのが特徴です。

昼の間はお囃子の演奏と木やりの音頭とともに、
町中の曳き回しが行われ、
夜になると山車どうしが激しくぶつかり合い、
互いの力をくらべる曳き合いが行われます。

この曳き合いの激しさから、
「けんか山車」という異名でも呼ばれているのが、
歴史と伝統ある岩瀬曳山車祭です。

私は実家は岩瀬でありますが、
そこで育ったわけではなかったので、
地元色が強く、とても激しいお祭りなので、
実際に曳山を曳いたことはなく、
これからも無縁かと思っていました。

しかし、心のどこかで、実家の重要祭事であるこの岩瀬曳山車祭で、
地元町はっぴを来て一緒に曳きたいという憧れをもっていました。

明日へ続く・・・

Follow me!